水煙

咲蘭(さら)は自分の部屋に戻ると、後ろ手に音高く扉を閉じ、そこにもたれるようにして深い溜息をついた。
ついさっき見たものを思い出し咲蘭(さら)の身体が震えた。

あれは何だったのだろうか・・・・・・?

足が自分を支えることができない。
力なく首を垂れ、ずるずるとその場に座りこんでしまった。

年かさの女だった。
灰色のコート着て禍々しいほど昏い笑み浮かべていた・・・・・・。

――それは仕事の帰り道。
T駅の西側にある公園の中を咲蘭(さら)は雨に打たれながら走っていた。
薄暗がりにアスファルトを打つ雨音が響く。
ずっしりと濡れた薄闇、遠くて入り混じるくぐもった雷鳴と、鋭利な雨音。
公園の中は雨に降りこめられた木々のせいで暗い。

光源は小さな外灯だけ。
その小さい明かりを、立ちはだかった女の影が大きく切りとっていた。
雨足が強さを増し木々の間を縫い吹き込んだ雨が叩き、真っ白な飛沫が黒々とした輪郭を霞ませている。

ふいに自分の六感が脳裏から微かに感じ鋭敏に引き延ばされると、奇妙な感覚にぞくと背筋が冷えた。
自然の摂理に反したものが急に人の形をとった、そんなふうに考えてしまったからだ。

女は全身を雨に濡らしている。
蝋のように色をなくし白くやつれた顔の口元が哄笑した。

女は咲蘭(さら)を見据える。
咲蘭(さら)は目を逸らすことができなくて、女を見つめる。

これは人ではない!
・・・咲蘭(さら)は確信した。

女は水滴の滴る両手を突き出し、鍵爪の形に指を曲げ、ゆらゆらと咲蘭(さら)に近づいてくる。
視線をはずせないまま、逃げなければ、と咲蘭(さら)は思う。
思ったとたん、女は白くけっぶた水煙になって消えた・・・・・・。

咲蘭(さら)はどう帰ったのかさえ覚えていない。
我にかえったとき自分の家の玄関に立っていた。
あれがいったい何だったのか分らなかった。
ただ・・・・・・あの女がこの世のものではないのだと、それだけは分る。
まだ呼吸はせわしなかったが、安堵感が咲蘭(さら)の胸を撫ではじめる。

咲蘭(さら)はバスルームで熱いシャワーを浴び、雨で濡れ冷えきった身体を流す。
日常を取戻した咲蘭(さら)は笑って顔を振った。
非現実的な出来事は実感を失い、あれは自分の見間違いだと思い始めていた。

咲蘭:「なにを考えているの、そんなことあるはずはないのよ」

咲蘭(さら)は髪を洗いながら呟き、濡れた髪を掻あげ水気を切ると深く深呼吸をして、そして目を解く・・・・・・。
白い湯気に満ち霞んだバスルームの中に、あの女が立っていた。

咲蘭(さら)が悲鳴をあげるより早く細い二本の腕が突き出され首に巻きつく、とたんに咲蘭(さら)の精神に去来したもの。

――激しい怨念と微かな悲しみの残滓。
薄れ行く意識の中で咲蘭(さら)は、幽鬼から発せられる怨みの慟哭を聞いた。

無人になったバスルーム、流れ落ちるシャワーの音だけが、いつまでも高く鳴いている・・・・・・。
その後、咲蘭(さら)の消息を知るものはいない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!