殺人事件との因果関係

これは、まだ私が小学校中学年の頃の話。
年号はまだ昭和だった。

ある日、隣のベッドで新聞を読んでいた母が、「あらー?!」と、感嘆の声を漏らした。
「何があった?」と、私が聞く前に自分から説明を始めた。

当時うちの両親の関係は泥沼化していた。
母は、別れを切り出していたが父はどうしてもそれに応じず、連日二人は長い話し合いをしていた。
母はもうそれに辟易し切っていて、近所に部屋を借りて半別居をする様になった。
私がまだ小さかったから、遠くに行くことは出来無かったのだろう。

当時、家は山の手線某駅の近くにあり、母は線路の向こう側のラブホ街の真っ只中にアパートを借りた。
私は其処に数回行った筈だが、もうその部屋の記憶は無い。
母は其処に本格的に住むつもりはなかったらしく、電話を引かなかった。
当時は携帯は無かったから。

そこで、自分に連絡をくれる人には、同じアパートに住む人に連絡する様に言っていたらしい。
その母に取次ぎをしてくれていた女性に私は一回も会ったことが無い。
しかし、この過程で母とこの女性は、一緒に座って世間話をする様になったらしい。

そしてある日、その女性は母にあることを打ち明けた。
女性は、そのアパートに住む前は、東京の何処かに部屋を借りていたが、毎晩枕元に女が立って彼女を見下ろすようになった。
その現象が続き、堪らなくなったその女性は、他の部屋を借りて移ったのだが、その努力も虚しく女の幽霊は新しい部屋にも出る様になってしまった。

その後、お祓いその他の努力があったかは母は話さなかったし、女の霊がどんなルックスだったかなどの詳細も無かった。

ただ母が本当に驚きながら私に言うには、その取次ぎの女性はすでに殺害されていて自分の部屋の洋服箪笥に押し込められていた事が発覚したという記事をたった今読んでいた新聞の中で見つけてしまったという。
犯人は、関係のあった男で痴情のもつれだったいう。勿論、彼女が遭遇した心霊現象とこの殺人事件との因果関係は不明。

今考えると、10歳にもならない子供にこんな不吉な事を吹き込むなんて本当に家の母は非常識だと思うが、余りの驚きで自分一人で抱えてる事が出来無かったのであろう。

しかし、未だに身近に起こった嫌な後味のこわ?い話である。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!