意地悪な幽霊

友人が体験した、幽霊って本当に痛いとこ狙ってくるのな、っていう話。
差し障りないとこははしょって書くんで勘弁。

友人(以後A)は高校出てから他県で就職して一人暮らしを始めた。
そろそろその暮らしにも慣れてきた頃、おかしな事が起き始めた。
まずは、マンションのエントランスで人影を見た。
一瞬だったけど、何かしらの違和感を感じて妙に印象に残ったらしい。

さらに、次の日Aが帰ってくると、靴が廊下へ向かって蹴っ飛ばされた様に散乱している。
もちろん、おかしいとは彼も思ったそうだが、その日は疲れていたせいもあって靴を適当に戻して寝てしまった。

それからというもの、ほぼ毎日物が勝手に移動していたり、おかしなことになっていたりした。
個人的に俺が印象に残ったのは、「朝なくなっていた腕時計が、夕方に冷凍庫から出てきた」ってやつ。
正直聞いたときは爆笑した。
Aは誰かが部屋に忍び込んでいるんじゃないかと、合鍵の隠し場所や、部屋のドアに細工したりしたが、どうもそうじゃないらしい。

ここでようやく「あ・・・幽霊か?」となったわけだ。
ただ本人にはそれ関係が全く思い当たらない。
そういう場所にも行ってなければ、この部屋にもそういう噂はなかった。

「全く・・・実害ないにしたって毎日毎日ちょっかい出されたんじゃ敵わない。しかもこんな子供のいたずらレベルの」と、ここまで考えて、やっと心当たりがあった。

「まさか・・・」

それは人影を見たあの日の朝、通勤する際に所用でいつもとは違う道を通ったそうだ。
ふと交差点の反対側に男の子が立っている。
しかも彼の前ある電柱には花束とジュースなんかが供えてある。

「あぁ・・・友達が亡くなったのか・・・可哀想に」

信号が変わって渡るときに中程で男の子とすれ違った時、ばっちり目が合った。

「見てたの気づかれてたかな・・・」

「あのときの奴かっ、むしろあのときのガキがそうじゃねぇのか!?」と思ったとき、突然の金縛り・・・。
Aはパニックに陥った。すると慌てる彼の視界を何かが遮った。

手だ、冷たい子供の手。

「ペチッ」

「っ?!」

片手が一瞬離れたかと思うと、額を叩かれた。
何度も何度も叩いてくる。
くすくすと笑い声が聞こえる。

「遊んでやがる・・・」

苛立ちを覚え、「いい加減にしろっ!」と怒鳴り起き上がれた。
「毎日毎日イタズラ仕掛けやがって!このクソガキ!ぶっ飛ばすぞ!」そう吐き捨てた時、頭上を何かが飛んで床に落ちて砕けた。

砕けたのは棚に飾ってあったガンプラ・・・。
しかも結構な手間暇掛けて作った力作・・・。

「だぁぁぁぁぁ!俺の○○がぁぁぁぁぁ!」

バラバラになったそれを呆然と見ていると後ろから『今のは面白かったよ・・・』と。

それ以降、Aの身には何も起きてないそうですが、彼曰く「幽霊って・・・怖いだろ?」だそうです。
写真でプラモ見せてもらいましたが、無惨でしたwww

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!