死に部屋

腰を痛め十日間入院してた時の話。

病棟はHという文字の縦棒を長~くした形で、右棒は整形、左は内科のあまりよくないというか退院の見込みの薄い人たち、それをつなぐ横棒部分にはナースステーションがあり、真向かいに一部屋『死に部屋』?がある。
その部屋でおばあさんが亡くなった。(のが私の入院する前日)

入院三日目、その部屋から看護師さんのすごい悲鳴が・・・。
洗面所が近かったため、廊下の曲がり角付近から遠巻きにする患者さんたち。
婦長たちの制止で、横棒部分には誰も入れない。
結局その日は横棒通行禁止。
散歩がてら行き来していたのに行けなくなった。

四日目の朝、顔を洗いに行くと、その部屋の前で10人ほどのナースさん。
号泣で異様な雰囲気。
婦長は怖い顔。
またも通行禁止。

固く口止めがあり、患者たちは何も聞けなかったのだが、ナースの親戚の人が入院していて事情を聞いてきた。

おばあさんが亡くなり、病院から運ばれた日の翌朝、なぜか病室のベッドが水に漬かったようにぐっしょり濡れ、床に水たまりができていたそう。
おかしなこともあるな、とナースみんなでマットを運んだり、ベッドや床を拭いたりしたそう。

で、次の日、備品の補充に一人のナースが入ったら、消防車で水をまいた後のように、床から壁からマットからぐしょぬれだったとのこと。←ここで悲鳴。

婦長に叱られ、後始末をまたみんなでし、これは天井などの水道管のモレだろうと業者を呼んだ。
ただ、確認したが、その部屋の周囲には、水が流れるような配管はなく、天井裏(3階建ての2階だが)にも3階にも水が出た跡はなかったらしい。
いたずらも考え、病室には鍵をかけることにした。

で、次の日。
今度は天井までぐしょぬれで、洞窟のように水が滴り、床はプールのようになっていて、
ナースが鍵を開け、戸を開けたとたん、廊下までさあっと水が来たそうです。
あまりの恐さに駆け付けたナースも号泣。
その後、私が退院するまで部屋は立ち入り禁止でした。
その後シラネ。

その部屋で亡くなったおばあさんは、お腹に水がたまる病気だったそうです・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!