母には見えない

今から25年くらい前、私は5歳だったのですが、その頃は、家の中にいる変なモノが見えていた。

夜中に目が覚めると、白い着物の女性がいたり、天井から声がして、私の名前を呼ばれたり、日常茶飯事だった。

私以外の両親や姉には、そんな経験が無いようで、自分にしか見えたり聞いたりしか出来ないのだと勘づいてはいた。
そんなに害は無かったのですが、二階の両親の寝室に入るのだけは怖かった。

理由は、一番変なモノが見えたから。
それらは、居座ることは無いものの、入る度に違う何かがいた。
歌っているだけだったり、長い髪の女性だったり、毛むくじゃらの男だったり、とにかく、部屋が嫌いだった。

ある日、母と出掛けることになって、私のお気に入りの服が、あの二階の寝室にあるから、取って来てと言われた。

私は当然嫌がった。

「お化けが出る!」と泣きわめいたのを覚えている。
が、母は私がお手伝いをしないための言い訳と思ったのか、無理にでも行かせようとした。
私はますます大騒ぎし、駄々をこねた。

そのうち母は私の腕を乱暴に掴み、二階の寝室へ連れていった。
そして母は、寝室のドアを開け、私を部屋に無理やり押し込めた。

私:「わーーっ!」

泣き叫んで母に助けを求めた。

母:「お化けなんていないでしょ!」

母に叱られたが、私は首を横に振り続けた。

私:「お化け!こわいのがいる!」
母:「どこよ!」

私:「そこ!モジャモジャのがいる!」

目の前の毛むくじゃらのモノを指差したが、母には見えないようで、母は私を叱り続けました。

今思うと、全身毛深い男だったような気がするのですが、特に攻撃的でもなく、こちらを無視している感じで、母はわめく私を更に部屋の奥へと押した。
そして母は大きな声で、「お化けなんていないわよ!失礼だわ!」と叫んだ。

その途端に、モジャ男は消え、部屋の空気が明るくなった。
部屋中の悪いモノが全部弾かれ、飛んでいった感じだった。

それから、変なモノは現れなくなった。
私が見えなくなったのではなく、母が追い出してしまったんだと思う。

にしても、母が叫んだ「失礼ね!」の言葉。
父と二人でやっとの思いで買った一戸建てを、お化け屋敷呼ばわりされたのが、よほど許せなかったのだろう。

最近になって、このことを母と話したら、母も覚えていた。

母:「お化けって本当に見えてたのに、お母さんは信じてくれなかったんだよね。今でも信じてくれてない?」と私が言うと、母は「ふふ」と笑い、それ以上は何も言いませんでした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!