「ああ、ここ出るねん」

長距離運転手の友達から聞いた話。

大阪の倉庫で順番取りをする為夜中1時頃到着。
それでも3番手だったそうだが、5台ずつおろすから朝一番におろすのと変わりないのでひと安心して運転日報を書き始めた。

すると、助手席のドアをコンコンと叩く音がする。

顔を上げ覗いてみたが誰もいない・・・。
気のせいか・・・と日報を書き始めるとまた助手席からコンコン・・・。

初めてその倉庫に降ろしに来た運転手なんかは、どこで受付するとか、どこで待ってたらいいかわからないから、起きてる運転手に聞く。
だから最初はそれだと思ったらしい。

しかし、また誰もいない。

風も強めに吹いてたからそのせいで何かが規則的に当たってるのか?
といぶかしんで腰を上げ助手席の下の方を覗き込もうとした時今度は運転席側からコンコン。

え???と、顔を上げかけた動きを止めて窓の下を見ると、小学3年くらいの男の子がニコニコ笑ってる。

窓を開け「何か用か?」と聞くとダッと駆け出しトラックの後ろの方へ走る。

なんだ?と思いながら窓を閉め、また日誌を書き始めるとまたコンコンときて男の子がニコニコしてる。

窓を開けるとダッと、またトラックの後ろへ逃げる・・・。

友達もいい加減少しキレてトラックを降り「こらっ!イタズラすんな!」と怒鳴った。
「こんな時間に何してんねん!」と続けて後ろにいる男の子に言った時、ハッ!!と気がついた。

あ、今夜中の1時過ぎだよな・・・。
マジな話、どうしたんだ?家出?迷い子?

「おーい、ぼうず。お父さんかお母さんは?」

そう言った瞬間、男の子はトラックを回り込むようにトタトタと走り出した。

「おい、待ちーや!」

追いかけて走ってトラックの角を回った時、予想してたトコより遠い場所に”それ”がいる。

え?俺より速い?

少しパニックになりながら追いかけ続けたけどやっぱり追いつかない・・・。

んなバカな?

トラックの角をまたまわると完全に姿が無い。
キョロキョロしてると前のトラックの荷台の上に座って足をコンコンしてるのが見えた。

箱車だから高さは4メートル弱。
ア然としてるとかき消すように姿が消えて、今度は10メートルくらい上の倉庫屋根で座ってるのが見えたんだと・・・。

後でそこの人に聞いたら、「ああ、ここ出るねん」と他人事だったらしい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!