走る幽霊

ここは茨城県T市の大学寮H宿舎。
最近この宿舎の学生達はあるものに迷惑していた。
それは幽霊である。
その幽霊はマラソンランナーのような姿をしており、
壁をすり抜けて宿舎の端から端の部屋までを走るのだという。

ランニング幽霊と名づけられたその幽霊は、寝ている学生達を踏んで
夜の宿舎を走るために、踏みつけられたりビックリする学生が続出していた。

「そういえばこの大学の陸上部の部員でマラソンのゴール直前で死んでしまった奴がいて、その幽霊が出るんだってさ。きっとあれなんだろう」

そんな話を聞いたひとりの学生が「俺に考えがある」
と言って次の日の夜、自分の部屋に寮のみんなを集めた。

彼はテープを用意すると部屋にいた一人に端を持ってくれと頼んだ。
そして、深夜ランニング幽霊が現れた。
幽霊はいつものように壁をすり抜けて現れたが、
学生の持っているテープを切ると満足した表情をして消えてしまった。

なぜ消えたのか訳を聞かれた学生は
「なあに、幽霊はゴール直前で死んでしまったんだろ?だからテープを切らせてやったんだ。さっき作ったのは幽霊の待ち焦がれたゴールテープだったんだよ」

そう言って学生はにっこり笑った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!