神様の手を借りている

昔、近所に『アラキさん』と呼ばれるおばあさんが住んでいた。
祖母曰く「神様の手を借りている」方で、不思議な力を持っているという話だった。
今思うと荒唐無稽な話だが、当時幼かった自分は特に疑問を持たず、自然に受け入れていたように思う。

背中を悪くしていた祖母はよくアラキさんを家に招き、お茶飲みついでに治療を行ってもらっていた。
なんと、アラキさんが手をかざすだけで、背中の具合がよくなるそうだ。
私も一度やってもらったことがあるが、なるほど、背中が熱くなるのを感じた。

私が小学校低学年の頃にアラキさんは亡くなった。
葬式だか通夜だかから帰った祖母に、「アラキさん死んじゃったの?」と聞く私。
祖母は私だけにこっそり教えてくれた。

アラキさんは、その手を神様にお返ししたんだと。
だから、アラキさんの手は骨だけだったと。
痩せていた事の例え話なのか、白骨化していたのかは知りませんが。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!