そのマンションは今でも

10歳の頃マンションの3階に住んでた。

夜中、いつも通り布団に入り気持ちよく寝入ろうとしてると突然母親が肩を力いっぱい掴んで、凄い大声で怒鳴られた。

母親:「○○ちゃん!!!○○ちゃん!!!なにしてるの!!」

私:「はぁ?なんだよ?」

せっかく気持ちよく寝そうな所を起こされキレ気味に掴まれた手の方を見て唖然とした・・・。

まじで何が起きたか分らず、ぽかーんっとした。

布団で寝ていた筈の私は何故かベランダに居て柵を乗り越えるような姿勢で両手と片足をかける途中だった。

母親は必死にそれを止めようとしていた。

その時は、頭の中が「?」マークでいっぱいで怖がることすら出来なかった。

「あれ?なんで・・ここに居るの?なにしてるの?」と母に尋ねると、私はいきなりベランダへ行き大声で「お兄ちゃ~ん!待って~!」って叫びながら飛び降りかけてたらしい。

私には兄なんて居ないし思い当たるフシもなく、夢を見た記憶どころか眠りに入る直前だったしぽかーんっとしながら自室に戻り再び寝た。

それから何ヶ月たった頃だったろう。

学校帰りマンション前に人だかりが出来ていて、警察がドラマで見るような立ち入り禁止の黄色いテープを剥がしかけて居た。

何が起きたんだろう?と近づくと丁度人だかりがぞろぞろ解散して、後には何も残って無かった。

染みのような物は残ってたかもしれないけど曖昧な記憶しか無い。

家に帰って、後で母に聞いてみるとウチのマンションの6階で、ベランダから5歳の子供が落ちて無くなったらしい。

その子はベランダに置いてあった箱を踏み台にしてよじ登ったらしい。

その部屋は丁度ウチの部屋の3階真上だった。

私に起こったことと関係あるのかどうかは分らない。
が、数年経ってから少しずつ怖くなった。

今はもう引っ越したが、そのマンションは今でも残ってる。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!