内側から鍵の不思議

企業ビルでビル管理をしてると、月に泊まりが5~6回ある。

22時過ぎに高層階のレストランが閉店するとエスカレーターの停止をかけに行くが、その夜はレストランのフロアマネージャーが最終退出で声をかけてきた。

「あ、あの、朝から男子トイレの個室が一つ、ドアが閉まりっぱなしなんです」

早く言えよそういう事は!とカチンときながら男子トイレに一緒に向かった。
奥の個室の扉が閉まってる。

「どなたかいますかあ?」

ノックをするが返事がない。
扉を押すと、スライドラッチと呼ばれる閂(かんぬき)錠が掛かってる。

変だと思って、床に顔を付けながら下から覗いたら、座ってる男の足。
靴からしたら高齢者のようだ。

「いらっしゃるみたいです」

けげんな顔で立ち上がるとフロアマネージャーに言った。
無言で青い顔になるフロアマネージャー。

なんか変だぞと思い、一旦防災センターに戻り警備員に応援を頼むと、一緒に脚立を持って高層階にエレベータで上がった。
中で意識を失っていたりすれば登って上から入り、内側の鍵を開けねばならない。

再び警備員と男子トイレに来た。

「もしもしー!どなたかおられますか!」

警備員が大きな声を出して扉を叩く。

「いい、いま登るから」

そう言って今度は自分が扉の前に脚立を立てて、上から中を見た。
誰もおらず、内側から鍵が無人のまま掛かっていた。

このビルに17年いる警備員は、何回かお目にかかった事があるそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!