窓の外におばはんがいる

ちょっと不思議な話。

小学生の低学年の時の夏休みに、妹と一緒に昼飯を食ってた。

その日の昼飯はチャーハンとスープだった。
今でも覚えてるわ。
チャーハンのグリーンピースをよけつつ、いいとも見ながら食べてたんだ。

俺んちの間取り的に俺が座る席の真正面に窓がある。
で、ふっと真正面を見たらさ、窓の外におばはんがいるのな。

なんかいかにも農家のおばちゃんみたいなスタイルのおばちゃん、もちろん知らん人。
おばちゃんがにっこりして手を振ってくるわけ。

俺はびびって椅子から落ちて妹の椅子に頭をぶつけた。
あれはマジで痛かったしビビった。

なんでそんなにビビったかというと、うちマンションの7階だったからベランダにおばちゃんがいるわけないんだよな。

妹が「ばかだー」って言ってたけど気にせずに母親のところへ逃亡。

母親が「どうしたの?」って聞いてきたけど、俺いっつも変なこと言われて笑われてたから、俺の意味不明な説明で鼻で笑われると思ったから言わなかった。

食卓に戻ると窓におばちゃんいないし、チャーハンがちょっと飛び散っててちょっと悲しかった。

あのおばちゃん何者だったんだ、と今でも思うわ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!