悪いことをした人が行くところ

怖い話というよりエニグマ寄りだと思う。

3つ上の姉は小さい頃から、何かの蓋を開けると時々そこに変な景色が見えるという。
その景色は、風に揺れる緑の草原の向こうに小高い丘があって細い木が一本立っている、そして空は青く風が強いのか白い雲が流れるように早く動いている、何の変哲もないどこかで見たような風景。

それは絵画やテレビの映像のようなものではなく、まるで小窓がそこにぽっかり開いてそこに繋がったようなもので、向こうから自然の香りや風を感じる事もあるそうだ。

例えばクッキーの蓋を開いた時、戸棚を開けた時、冷凍庫を開けた時など、忘れたようなタイミングでそれは見えるという。
そうなった時はどうするのかと問えば、蓋を閉じて「これは気の所為」と目を閉じてから開き直すと元に戻るとか。

そんな話を聞けば私も見たくなって、中学生の頃(姉は高校生の頃)に家中のあちこちの蓋を開けさせたが、「多分人と一緒の時は見えないと思う」という姉の言葉通り、その景色を見ることは叶わなかった。

大人になってからもこの話は時々していて、エアコンを掃除しようとして開けた時に草原が見えたのはさすがに笑っただとか、一度だけ恐怖を感じたのは、玄関を開けて草原が広がっていた時だと話していた。

今まで自分の身体が通るほどの広さでそれが開いた事がなかったのに、その時は『一歩踏み出せばそちらに行けてしまう』という状況が異常に恐ろしかったらしい。

そして1年前、結婚し子供も生まれごく普通の家庭となった姉の家に遊びに行った時の事。

4歳になる姪っ子が「あの景色に似た絵を描くようになった」と姉は言った。
その絵を見せてもらうと、何のことはない緑の大地と青い空、そして遠くに木が一本立ってるだけに見えるが、姪っ子はそこを「さいばらさん?」みたいな名前で呼んでいて、更によく話を聞くと「悪いことをした人が行くところ」だと言う。

姉の言うことや姪っ子の絵を見ても、どちらかと言えば天国の景色のように思えていた私は、その言葉にぎょっとした。

「私もなんとなくだけど、小さい頃からそう思ってたからびっくりした。あとはこの子が間違って向こう側にいかないようにしなくちゃね」

ダンボール箱を覗いて遊ぶ姪っ子を苦笑いで見つめながら姉は言った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!