墓石を囲んで写真を撮った

これは先日私が聞いた話。

「そう言えばリナのばあちゃんの心霊写真見た?凄かった!」

つい先日休日出勤のバスの中で、JK二人組のそんな会話が聞こえてきた。
私は心霊系の話が大好きなので、自然とその手の話題には耳を傾けてしまうのだけど、かつて自分の友人が、ただの影を心霊写真だと騒いでいたことがあったので、どうせそれも勘違いか何かなんだろうと思いつつ、二人の会話に聞き耳を立てていた。

「見てなーい、どんな写真?」

どうやら、リナという子の家は大家族で親戚も多く、全員集まれば30人程の大人数になるんだそうだが、昨年女手一つで戦後子供たちを育て上げてくれた厳格な祖母が、老衰で亡くなった。

でもその葬式の時ですらあまりに大人数すぎる親類たちはなかなか都合がつかず、全員はその葬式に駆けつけることが出来なかった。

だから、集まれた親類だけで祖母を見送り、棺の中には祖母がとても大切にしていた紫色の着物を一緒に入れて、燃やしてあげたらしい。

そして一周忌を迎える日に、せっかくだから親戚全員集まろうと都合を合わせ、当日は親戚全員でばあちゃんの墓参りに出かけたらしい。

30人も集まるとそれはもう凄い光景で、中には数年ぶりに顔を見せた親類も居たから、皆、一周忌だというのに「皆で集まれてめでたい!きっとばあちゃんも喜んでる!」と、ばあちゃんの墓石を親戚全員で囲んで写真を撮ったらしい。

そして数日後、その写真を現像したら・・・。
皆がばあちゃんの墓石を囲んで笑顔で写っているその真ん中に、お気に入りの紫色の着物を着た満面笑顔のばあちゃんが、ダブルピースして写っていたんだそうな。

「何それこわーい!!」

JKが騒いでいる中、『何それ見てええええええ!!!』と内心思った私だった。

そして不覚にも良い話に、休日出勤の欝々も少しだけ晴れたのだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!