廃寺の暗闇にて

昔、近所のおばちゃんから聞いた話。
夏になると色々な怪談を聞かせてくれる事で有名な人で、近所の人からは「怪談おばさん」とか「伝説ババア」とか呼ばれてました。

これはその「怪談おばさん」から聞いた、廃寺の暗闇・・・という話。

昔、ある一人の小学生の男の子(A君)が、釣り仲間を引き連れて近所の山に登った。
「山奥に見た事も無い大きな池が真夜中に突然に現れる」という噂を聞いて「そんなに大きな池なら魚がいっぱい釣れるかも知れない」と思ったそうで、学校中の釣り仲間を誘って皆で釣りに行こうと言ったのだそうだ。

山に登ったのは真昼、山中を隅々まで探したが、結局池は見つからなかったので夕方近くになると釣り仲間は殆ど家に帰ってしまった。

A君:「夜まで待てば池は現れるハズだ!」

今回の言い出しっぺのA君は主張したが、皆聞く耳は持たず、残った子は同じクラスの男子(B君)と名前も知らない女子(Cちゃん)の2人だけだった。

夕焼け空の山道を3人でとぼとぼ歩いていると、近くに御寺が見えたそうだ。

「昼間のこの場所でこんな寺は全然見つからなかったし、気味が悪い」と言ってB君は「もう帰りたい」と半泣きになって言ったがA君は許さなかった。

そして全員で寺の中に入る事になった。

戸を開く・・・。
寺は廃寺だった・・・。
何十年も人が住んでいない様な雰囲気だった。
そして、寺の壁には一面に、坊さんだか龍だかの物凄く古そうな壁画が描いてあり異様な雰囲気だ。

B君:「もう帰ろう!」
Cちゃん:「誰もいないし、私もう帰っていい?」

A君は「奥も全部調べてからだ!」と言うと土足で寺の奥まで入っていった。

すると暫くして「B!C!ちょっとそこら辺の小石持ってきて」というA君の声が聞こえた!
B君は体が震えて動けない・・・。
Cちゃんは周りを見回して2、3個の小石を拾ってA君の所へ持って行きました。

Cちゃん:「A君どうしたの?」

A君:「この穴なんだろう・・・ね?」

Cちゃんが下を見ると確かに丸い井戸位の大きさの穴が床に空いています。

B君:「うわあああああああああ!!!!!!!」

B君はいきなり目を大きく見開き大声で叫びながら逃げて行ってしまいました。

A君:「何だよ?こんな穴全然怖くねえよ!何だBの奴www」

そう笑いながら小石を一つ穴に落としました。

・・・・・・。

A君:「音がしない・・・そんなに深い穴なのかな?」

A君がポツリと言いました。
Cちゃんも不安になって来て、「もう帰る!」と言いました。

その瞬間、A君が「うわあ!!!」と情け無い声を上げながら床に尻餅をつきました。

Cちゃんが「どうしたの?」と聞くとA君は「上!上!天井!」と言いました。

Cちゃんが恐る恐る天井を見上げると・・・百足(ムカデ)・・・。
恐らくそれが一番近いイメージだろう。

巨大な百足(ムカデ)の不気味な絵だ・・・。
だが、百足(ムカデ)では無い・・・。
まず、百足(ムカデ)と違って色が白、いや肌色に近い・・・。
そして、手があるのだ・・・。

人間そっくりな手。
何十本もの人間の手の生えた百足(ムカデ)・・・。
頭も人間の首だ・・・。

長い髪を振り乱し、カッと目を見開き沢山の人間をバリバリと食っている様子が描かれている・・・。

天井と壁画には百足の長い長い胴体が所狭しと描かれている・・・。
絵をくまなく見て行くと胴体がプッツリと切れている所がある。

これが尻尾だろうか?・・・
いや、良く見るとそれは地面に空いた丸い穴の様にも見える。

「・・・・・・いぅうぅ」

突然に穴から声(音?)がした!

A君とCちゃんはギョッとして穴を凝視した!

A、C「わぁ!!!!!」

なんと穴の奥には歪んだB君の顔が見えた・・・。

気が付くとA君とCちゃんは登山道を降りた所にある公道を走っていた・・・。
Cちゃんは泣きじゃくっていたが、A君には何も記憶が無いし、しばらくしてA君は精神に異常をきたし、家族全員で引っ越してしまいました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!