次に遭遇しまうと・・・

知り合いの話。

配達業をしていた彼が、よく通っていた山道があった。
その山道は途中で川と面しており、葦の生い茂った砂洲が見える。
いつの頃からか、その葦の繁みの中に女性が立つようになったのだという。

彼が言うには、腰までの黒い髪に白いワンピース姿で、かなりの美人だったそうだ。
最初は怪訝に思っていた彼は、そのうち彼女を眺めるのが楽しみになった。
なぜか夕刻にしか現れないのが気にはなったが・・・。

一月ほど経つと、彼女の方も彼を意識したらしい。
彼が通ると微笑みかけるようになったのだ。
彼は手を上げて挨拶を返し、すっかり有頂天になっていた。

彼:「次は車を止めて、直接話しかけようと思うんだ」

ドライバー仲間うちで飲んだ時に、彼はこう打ち明けた。
しかし仲間たちは皆、困ったような何ともいえない顔をした。

仲間:「車から降りるのは止めた方がいいよ、絶対に」
彼:「どうしてさ?」

仲間たちが渋々といった感じで順番に口を開く。

仲間:「その彼女が立っているあたりな、3年前まで小さな火葬場があったんだ」
仲間:「一番近い民家でも山一つ向こうなのに、彼女はどこから来てるんだ?」
仲間:「砂洲へ渡る橋も、今は落ちてなくなっているはずだよ」

皆の酒を飲む手が止まっていたという。

それ以来、彼は夕方にその山道を通るのを避けていた。
しかしある夜、急な配送が入って、仕方なく彼はこの道を通ることにした。
もう何も出ないだろうと、高をくくっていたせいもある。

砂洲のあたりまで差しかかり、彼は悲鳴を上げそうになった。
暗黒の中に、白い立ち姿がぽつんと浮かび上がっていたのだ。
ライトも届いていないのに、なぜかくっきりと見えたのだという。

急いで通り過ぎようとする彼に向かい、女は顔を上げた。
目元は見えなかったが、口元は怒りに歪んでいるのが分かり、人間のものとは思えない鋭い尖った犬歯が覗いていた。

いきなり彼女は走り出し、葦の中を車に並んでついてくる。
アクセルをベタ踏みすると、その姿はあっという間に小さくなって背後の闇に消えた。
幸い、彼女はどうやら川を渡れない存在らしかった。

彼は金輪際、その山道には近寄らないことにしたそうだ。
次に遭遇しまうと、何かもうひどいことになりそうな気がするのだという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!