誰かが入り込んだ痕跡

住民から聞いた話。

冬場、寝る前に窓を軽く拭いておこうとカーテンを開けた。
中で暖房器具を使っていると、結露が割と酷かったのだという。
特に鍋などをした時には、結構な水が窓に発生していたので、そんな日は拭き取っていたのだそうだ。

雑巾片手に窓と向き合い、ギョッとする。

丁度肩くらいの高さに、手形が押されていた。
押されたばかりのようで、まだ形も崩れておらず、くっきりと浮かんだ五指の跡から水が糸を引いて垂れている。
そこの家には幼い娘がいたが、手形は娘のものより随分と大きく、かと言って大人の自分たちに比べれば小さいものだ。

見なかったことにして、サッと拭って消したのだそうだ。

住民:「実は、その後も時々見るようになったの。夏場は結露しないから、気付かなかったのかな。何か居るのかしら。もぉ窓とか、戸締まり確認は本当に欠かせないよ」

私:「戸締まり?」

住民:「そ。幽霊でも何でも、入ってくると思うと嫌じゃない」

私:「ふむ。でも意味ないんじゃないかな。いや泥棒には有効だろうけど。」

住民:「何で?」

私:「だって、手形から水が垂れてたってことは、窓の内側から押されたってコトでしょ。入ってくるも何もない、もう中に居着いちゃってるんじゃないの?」

彼女は目を剥いて絶句していた。

他の住民から聞いた話。

夜中寝ていると、突然“ボコッ!”という音で目が覚まされた。
窓のすぐ外から聞こえたが・・・泥棒か!?
ゴルフクラブを手に、恐る恐るベランダを覗いてみた。

誰も居ない。
他にも変わった様子はない。

しかしどうにも不安だったので、クラブを横に置いて寝たのだという。

翌朝、洗濯物を干しに出た奥さんが、慌て声で彼を呼んだ。

そこのマンションは、ベランダの隣家との境に強化ボードが貼られている。
火事の時等にぶち破って逃げ出せるよう、そんな構造になっているのだが・・・。

そのボードの下から上へかけて、子供のものらしき足跡が付いていたのだ。
指の後がくっきり残っているところからすると、裸足で歩いたものか?
一カ所だけ、ボコリと凹んで穴が開きかけている。
まるで、途中で足を踏み外したかのように見えた。

・・・昨晩、どこかの家の子供が、うちのベランダで垂直に歩いていた?

頭を振って馬鹿げた想像を追い払い、管理人に連絡した。

彼の家に子供は居ない。
また、ボードのあちら側は現在空き家だ。
以上のことから悪質な悪戯だと思ったのだ。

管理人は腑に落ちないような顔をしながらも、ボードを取り替える段取りをしてくれたという。

間もなくリフォームの業者がやって来て、作業に入った。
空き室の方から交換を行ったのだが、交換中も頻りに首を捻っている。
何か不審な点でも?作業に立ち会っていた彼が尋ねると、こう返された。

業者:「いやね、こちらの部屋ってずっと空いてましたよね?以前の住人が出て行った時に、やはり自分が改修を担当したんですが。壁紙も天井クロスも貼り替えて、クリーニングも終えてる筈なんだけど・・・今回入ってみると、誰かが入り込んだ痕跡があるんですよ」

「痕跡というと?」

業者:「床に埃が少し溜まってるんですけど、その上に幾つも残ってるんですよ。沢山の子供の足跡が。大人のものは一つもないんですが。一応掃除しときますね」

彼ら夫婦は今もそこで生活している。
夜中に歩く者はあれから出ていないが、どこか落ち着かないのだという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!