山に相応しくない格好の女

後輩の話。

秋口に単独で入山していた時のこと。
一泊程度の簡単なルートを予定しており、食料も簡単なものを用意していた。
初日の昼に菓子パンの昼食を摂っていると、後ろから声がかけられた。
見るといつの間に現れたのか、長い黒髪の女性が立っている。
赤いロングコートそしてスカートにブーツと、凡そ山に相応しくない格好をしていた。
菓子パンを持ってポカンとしている彼に、彼女はこう言ってきた。

彼女:「ね、賭けをしない?」

詳しく聞いてみると、彼が今手にしている菓子パンを、一口で食べられるかどうか賭けないかと、その女性は提案していたのだった。

何を賭けるんですか?と聞くと「手持ちの食料、全部」と言ってきた。
思わずじっと、自分の持っているパンを見る。
通常よりかなり大きい、お徳用のメロンパンだ。
彼女の整った小さな顔と何回も見比べる。

「いくら何でも、一口じゃ無理ですよ」 と相手にしないでいると、いきなりパンがひったくられた。

何をする!と怒りかけた目前で、女性の清楚そうな顔が歪む。
次の瞬間、口が顔の下半分一杯に拡がり、彼女はパンを一口で飲み込んでしまった。
ビニールの袋ごと。

ごくり・・・という音を彼はぼんやりと聞いた。
白い手が差し出され「勝ったわよ」という言葉が続く。

急に怖くなり、ザックから引っ張り出した食料を、すべてその繊手に押し付ける。
にんまり笑う女性に別れを告げ、一目散にその場を後にする。

差し出した食べ物が食いつくされる前に、とにかく彼女の目の届かない場所へ逃げ出したかったのだという。
結局、予定を切り上げて、その日の内に下山したそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!