百物語中の不気味な影

サークルのキャンプのとき十人で百物語をすることになった。
さすがに百本の蝋燭を用意するのは無理なので、十本の蝋燭でやった。

ひとつの話が終わったらひとつ吹き消して、また点けるという形式で。
俺が異変に気づいたのは、一周した頃だった。
バンガローの壁に小さな子供ほどの背丈の影が映っていて、その影が俺達の円を囲むように歩いていたのだ。

猫背で両手をだらんと垂らした、不気味な影だった。
俺の番が回ってきたので、その影を無視して話した。
二周すると、その影は成長した。

確かにでかくなっている。
やばいと思いつつも俺は影を目で追っていた。
三周目、影ではなく、実体がある黒い塊になった。
背丈はもう大人くらいある。

さすがに怖くなってきた俺は俯いた。
視線の端に黒いものが歩いているのが見える。
また俺の番が回ってきて顔を上げると、黒いものがいなくなっていた。

ほっとした次の瞬間、奴を見つけた。
友人の後ろに立っていた。
もうやめよう、と俺が言うと三人が同意。
すぐに明かりをつけた。

黒いものは消えていた。
寝る前に、俺に同意した三人が来て、いたよな?と同時に言った。
今のところ友人に何も起こってはいない。
ただ、あの日から肩が重いとぼやいているのだが。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!