透明な壁がある感じ

小さい頃から、気が付けば口を開けてぼーっとしてるあほな子だった私。
道を歩いているときも空を見ながらぼーっとして歩いているから、よく人とぶつかっていた。

しかし、極稀に人にぶつかった衝撃を受けて顔を上げると”誰もいない”ということがあった。
そのときは、おかしいなあ??くらいにしか思っていなかったけど、水木しげる漫画でそういう妖怪がいると知ってからは、そういうこともあるんだなあと思っていた。

ここまでが前提で、小学校高学年の頃。
小さいころほどぼーっとすることは減っていたが、やはりぼけーとしていた私は、家族旅行でお寺か神社に行った。

神社仏閣にさほど興味のなかった私は、両親から離れて地面をぼーっと見ながら歩いていた。
すると「ボフッ」と人の背中にぶつかった衝撃があった。

ごめんなさい!と言おうと顔を上げると誰もいない。
いつものあれかーと思い一歩進むとまた衝撃。

いつもはこういうとき、何もないことを確認して進むと普通に進めたから、びっくりした。
手を伸ばすと、何かがあるのは分かるけど視認できない。
透明な壁がある感じ。

うわーなんじゃこりゃと思ってたら、袈裟をきたおじさんが何か叫びながら走ってきた。
何か良く分からないけどめっちゃ怒ってた。
不敬な?とか、何をしているんだとか。
わけがわからなくてフリーズしてたら、両親がきた。

両親は、「状況はよくわかりませんがうちの子が何かしたならすいません」って感じで、おじさんに謝ってしまったから、私は、何もしてないのに!と思って腹が立ってきた。

んで、何もない透明な壁のあったところを思いっきり蹴って逃げた。
蹴った感触は丸太を蹴った感じだった。

逃げた私を追いかけて両親も逃げた。

両親に「あんた最後何したの?」って聞かれたから、「何したように見えた?」って聞き返したら、
あんた急に何もないとこ蹴ったからびっくりしたって答えた。
やっぱり何も見えないんじゃないかと思って、わけのわからないおじさんに急に絡まれたことにした。

大人になってからも、何もないところにぶつかるという経験が何度かある。
やっぱり何もないんだけど、しかし、おじさんは何か見えていたんだろうか。
知っていたなら急に怒らずに注意すれば良かったのにと今でも思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!