掃除用具入れに誰かいる

十数年前の話なので、色々足したり引いたりしながら書きます。

小学5年生の頃の話。
ウチのクラスは健康の為に、早朝マラソンを義務付けられていた。
1時間目が始まる前に、学校の外周を走らなければならない。

俺と友人は走るのが嫌で、他のクラスメイトより30分早く学校に行き、走ったフリをし、サッカーとかして遊んでいた。

その日はいつもより早く学校に着いたので、サボり仲間の友人はまだ来ていなかった。
7時00分。
友人が来るまであと15分、他の生徒が来るまであと45分ぐらい。
1人でサッカーしてもつまらないので、教室で友人を待つことにした。

学級文庫の『まんが日本の歴史』を読みながら待っていると、人のクスクス笑う声がしたので顔を上げた。

・・・が、誰もいない。

「アレ?」と思っていると、教室の入り口の隅にある掃除用具入れが少し開いていて、そこから誰かがコチラを覗きながら笑っている。

暗くて顔は確認できなかったが、そんなことするのは馬鹿な友人に決まっている。

俺は、「あ~○○遅いな~~」と、わざとらしく独り言をいいながら、席を立ち上がった。
と、同時に、俺は机の上に飛び乗り、トン!トン!トン!と、義経よろしく八艘飛びで机を渡り、掃除用具入れに体当たりして扉を閉めた。

体で扉を閉めながら、手でガンガン掃除用具入れを叩き、アハアハ笑いながら、中にいるはずであろう友人に「ギブ?ギブ?」と聞いていた。
すると、教室のドアが開き、友人が入ってきた・・・。」

「なにしてるん?」と、友人は冷めた声で言った。

俺:「・・・え?おまえ今この中に入ってなかった?」

そう訊ねると友人は、「なんで俺がそんな臭い中に入らなアカンねん。・・・つーかアレ誰が来てるん?」と言いながら、窓の方を指さした。

指を指した方を見てみると、窓の横に束ねられたカーテンがふくれている。
俺たちもよく同じ事をするのでわかる。
誰かが中にくるまっているのだ。

俺:「いや・・・俺以外まだ誰も来ていなかったけど・・・・???」

俺が戸惑っていると、友人は手に持っていたサッカーボールを「誰やねん!!」と叫びながら、ふくらんだカーテンに投げつけた。

ボールは見事カーテンのふくらみに直撃!
しかし、ボールは跳ね返らず、カーテンはふわりとボールを受け止め、他のカーテンと同じように真っ直ぐ窓から垂れ下がった。

「あれ????????」と思った瞬間、「ガン!ガン!ガン!ガン!」と、掃除用具入れの内側から誰かが叩きだした。

俺も友人もビックリして思わず教室を飛び出した。

廊下に出ても教室の中の掃除用具入れはガンガン叩かれている。
俺も友人も怖くなって職員室まで走った!

担任はまだ来ていなかったが、他のクラスの先生がいたので、「教室に変な奴がいる!」的なことを言い、教室まで一緒についてきてもらった。

教室は既に静まりかえっていた・・・。

先生に掃除用具入れを開けてもらったが誰もいない・・・。

説明を求められ、「マラソンする為に朝早く教室で○○君を待っていたら・・・」と、起こったことを一から説明した。

漠然と怒られるような気がしていたが、先生は「このことは誰にも話したらダメだよ。担任の先生には私から伝えておくから」と、やさしく肩をたたいてくれた。

しかし馬鹿な友人と俺は先生との約束を守らず、その話を言いふらし、一時期学校は騒然となった。

先生にはこっぴどく怒られたが、みんな怖がるので早朝マラソンは無くなった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!