つまで生きる?

大学時代に友人から聞いた話。
釣りが大好きだった友人はその日も朝から釣りに出かけていた。
場所は川の上流域で、かなりの山奥である。
ここから先は、友人の語り口調で書かせていただきます。

友人:「車で行ったんだけど、途中からは獣道すらなくてな。仕方なく歩いたんだよ。かなりの悪路だったな。崖も越えたし、途中クマが木をひっかいた痕もあったな。で、やっと釣れそうなポイントにたどり着いてな。早速、そこらへんの石をひっくり返して川虫を集めたのよ。」

俺「餌ぐらい買えばいいのに。」

友人:「いや、現地でとった餌は食いつきが違うんだよ。何よりとるのも楽しいしな。」

俺も現地で餌を調達したことがあるが、あの作業は虫が嫌いな人間にとって地獄である。
それ以来、俺はもっぱらイクラ派だ。
そんなわけで不本意ながら同意し、話の続きを催促した。

友人:「虫を確保して、早速釣り始めたんだ。そしたら面白いぐらい釣れてな。ものの3時間で十五、六匹は釣れたんだ。でも朝まずめが終われば流石に途絶えるだろうなって思ってたのよ。」

知ってる人も多いと思うが、釣りは朝と夕方の『まずめ時』が最も釣れる。

友人:「けど爆釣モードは昼を過ぎても全く終わる気配がない。生涯で最高の一時だったね。時がたつのも忘れて夢中になったよ。気付いたら辺りは薄暗くてな。もう夕方になってたんだ。身の危険を感じて、帰り支度を始めたんだよ。ふと背後に気配を感じて振り返ったら、小さい女の子が背を向けて立ってる。少し近づいて『こんなとこで何してんだい?』って聞いてみたんだよ。振り向いた顔を見てギョッとしたね。顔がお婆さんだったんだよ。しかも、顔がひきつるぐらい満面の笑顔だったんだ。」

俺もギョッとした。

友人:「でも病気か何かだと思って、同じ質問を繰り返したんだ。今度は丁寧語でな。そしたら笑顔を崩さないまま、『いつまで』ってつぶやいたんだよ。何回も。」

友人:「キチ◯イだったんかなあと思って、軽く会釈して帰ろうとしたんだ。そしたら、急に婆さんの声が合成音声みたいになって、『いつまで生きる?』って言ったんだよ。背筋がゾクッとして、こいつはこの世の人間じゃないと思って、凄い勢いで下山したんだよ。途中、婆さんのつぶやく声が何度も聞こえた。薄暗い山奥でだせ?発狂寸前だったよ。あ~あ、最高のポイントだったのにもう行けねえなぁ・・・。」

俺は自分の膝がガクガク震えているのを感じた。
話の途中から友人は気持ち悪いほど満面の笑顔だったのだ。
それからしばらくして友人は自殺した。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!