4:44分

小学性の時の話。

ユキエちゃんと俺とミチヨちゃんは放課後、展覧会の制作で残ってた。
ミチヨちゃんは物静かで大人しくて、とにかく病弱でよく学校を休むので展示物の制作が間に合わなかったため、班の中で最も制作が進んでた俺とユキエちゃんが手伝うようにと残されていた。

適当な所でそろそろ終わりにしようかと後片付けをしながら、俺はユキエちゃんを怖がらせようと怖い話をした。

俺:「4:44分に、音楽室ピアノが勝手に鳴るんだぜ~?いってみるか?」

ユキエちゃんはポッチャリしてるが運動神経が良くて男勝りだった。

俺は悪ガキでユキエちゃんは優等生だったので、何かにつけてたしなめて来るユキエに意地悪したかった。
「やめようよーもう暗くなってきてるじゃん~」と、ミチヨちゃんはビビりまくってるが、ユキエちゃんは呆れ顔で「バカじゃない?そんなのいるわけ無いじゃん、勝手にいけば?」なんて感じだった。

あまり乗ってこないので面白くねえなと、片付けて図工室を出ると、3Fからピアノの音が聞こえる。
俺はユキエちゃんの顔を見て「いま何時?」と聞くと、ユキエちゃんは顔を青くして「そんなわけないじゃん・・・誰かいるんだよ」とかなりビビってる。

俺は面白がって「いってみようぜ!」と階段を登った。

「まってよ!置いてかないでよ!」とユキエちゃんが走ってついて来る。
「ねえ、どこいくん?まってー」とミチヨちゃんもついてきた。

ピアノの音はちゃんとした曲だったし、確実に誰かいるんだろうなと、音楽室の前に立ってユキエちゃんが来るのを待つ。

「なんだ、先生がいるんじゃん」

音楽室の中には女の高橋先生がピアノに座って弾いていた。
高橋先生は別の学年の担任だったのであまり知らない先生だったが、こっちに気がつくと「早く帰りなさい、さようなら!」と教室の中から言った。

俺:「さようなら!」

俺たちが立ち去ろうとすると、ミチヨちゃんがようやく息を切らせて追いついた。

ミチヨちゃん:「なんなんーまってよもうー」
「だから言ったじゃん!高橋先生だったよ、かえろ!」とユキエちゃん。

俺は二人を置いて走っていく。
振り返るとユキエちゃんが追いかけてきていて、ミチヨちゃんは音楽室を覗いていた。

俺:「おいてくぞ!」

薄暗くなってひと気の無い校舎は不気味で、ユキエちゃんがびびればいいなーと思ったが、ミチヨちゃんが最後尾で、かわいそうになったので階段の手前で待った。

二階へ下りて教員室に図工室の鍵を返しにいく。
担任に鍵を渡して「さようなら」と告げると、残っていた先生達数人が「はいさようならー」と返してくれた。
「あれっ」とユキエちゃんが声をあげたので視線の先をみると、高橋先生がいる。
音楽室にいるはずの高橋先生が・・・。

俺:「高橋先生、音楽室にさっきいましたか?」
高橋先生:「うん?いや、行ってないよ。いまは・・・誰もいないね」

教室の鍵をかける棚に音楽室の鍵がある。
ここに鍵があるという事は、音楽室には鍵がかかってるということなのだ。

俺とユキエちゃんは顔を見合わせて、「高橋先生じゃなかったんじゃね?」と言いながら学校を出た。

「じゃ誰だったんだ?」「女の先生だったよ」と話していると、ミチヨちゃんが「なんなん?音楽室誰もいなかったじゃん、ピアノの音も聞こえなかったし」と。

ミチヨちゃんもは冗談とか嘘つくような子じゃないと思っていたし、その表情と声のトーンに、俺とユキエちゃんはお互い顔を真っ青にして、「おれ、聞こえたし見た・・・」「あ、あたしも・・・」と、その場からしばらくうごけずにガタガタと震えていた。

翌日、俺とユキエちゃんは熱を出して二人して学校を休んだが、それから音楽室でおかしなことが起きる事はなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!