一週間以内に二人死ぬ

実話でかつ、本人としては怖いと思っているのですが、こういった内容でもいいんでしょうか?
良ければ続きを書くかも。

大学時代の事です。
バイト先の友達10人ほどで集まった次の日、集まった友人の家に電話をした。
友人は3人でルームシェアしており、一人は全く知らない相手、二人は仲良くしていたのだが、本来かけた相手でない友人の方が電話に出て、僕である事に気づいた瞬間こう言った。

『お父さんが死んだ』

話は前日集まっていた時に戻る。

みんなたわいもない話をしていたのだが、突然何でもない事のように「ここにいる人の身内が一週間以内に二人死ぬ」と言う内容の事を僕が話していたのだ。
あまりに何でもない口調で突然言うものだから、一瞬会話が止まったが、みんな無かったことにしたかのように元の会話に戻った。

そもそも、当の本人がせいぜい『後ろのコップが倒れそう』と言った程度の認識で自然に口走ったので、言われるまで気にもかけていなかった。

そして数日後、同席していた別の友人のお父さんが車にはねられて亡くなった。

これが記憶にある最初の予知?だったのだが、この後、無意識にどうにもならない未来の不幸を言い当てる事が何度となく起こった。

正直最初は『不幸な』という事には気づいてなかったのだが、知人の新聞記者に少し話した時に、「予知って不思議と悪いことが多いよね」と言われて気付いた。
確かに良い事を予知した事はまるでない。

第三者としてはただ不思議な話だろうが、気付いてしまった後は自分が不幸の発生器のような気がして、怖くてたまらなかった。
怖くて怖くて、こんなこと判らなくていい!と強く念じ続けている内に、こういった事は次第になくなって行った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!