あの満腹感は実体験

若い頃のなんだか不思議な体験。

20何年か前、都内某駅前の居酒屋に友人三人と飲みに行き、平日だったが店内はまあまあ混んでいて、俺たちは座敷に案内された。
その店に行ったのは俺は三回目だったが、友人の一人は常連みたいで、アンチャン風の店員と軽口を叩き合ったりしていた。

んで、しばらく飲んでいたら、俺以外の三人が「あーなんか眠ぃー」とか言い出しうつらうつらしだしたんだ。

「なんだよ、もう酔ったのかよ?」なんて言いつつ俺はトイレに行ったんだけど、帰ってきたら急にどっかのお姉ちゃんが俺の腕にしがみついてきて、「お願い、ちょっと来て!」って、奥の個室みたいな座敷に連れて行かれたんだ。

個室には大学生っぽい五人の男女(男3女2)が居て、俺を見るなり「イヨッ!待ってました!」とか言うの。
そこで俺は「はぁ?何スかコレ?誰かと間違えてない?」って訊いたんだが、お姉ちゃんは俺の質問には答えず、なんか不思議なことを言い出した。

姉:「ご飯を三杯食べてください」
俺:「えっ?何言ってんの?意味がわからん?帰ってイイ?」

なんか怪しいがお姉ちゃんが言うには・・・。

・私達は今、あるゲームをしているが詳しい話は長くなるので・・・
・ご飯を食べたら勝てるのだが私はもう食べられない
・助っ人OKのルールなので助けてほしい
・迷惑はかけない、ただご飯を三杯食べてください
・負けてしまうと(五人の男女のうちの一人を指さし)あの男にヤられてしまう
・けっして馬鹿にしたりからかっているわけではない、断ると言うのならばあきらめます

・・・だそうで、ますます意味がわからないのだが、俺も酔っていて小腹もすいていたんで、「とにかく俺が飯食えばいいのね?食った分払えって言っても払わんぞ!、(例の男に)食ったらアンタはヤれなくなるけど後で文句言うなよ」などと言いつつ飯を食うことにした。

実はお姉ちゃんが俺好みのカワイイ娘だったから、というのは内緒だ。

テーブルには飯のおかずになりそうな料理とお櫃に入ったご飯があった。
肉じゃが、唐揚げ、生姜焼きをおかずに俺は三杯軽くたいらげた。

するとなぜだか男女共に喜びの声があがる。
お姉ちゃんが「もっと食べられますか?もう一人助けてください!」。
多分もう三杯食ったら食ったでさらにまた三杯食わされるパターンだなコリャ、と思い、「面倒だ、これで文句ないだろう!」と、まんが日本むかしばなし風に超山盛りによそって、刺身、塩辛、お新香なんかで無理矢理三杯食った。

「もう食えねえからな!あとは他の人に助けてもらってくれ」

突き出た腹をかかえて個室を出ようとしたら、六人が一斉に立ちあがって「ありがとうございました!」って深々と頭を下げたので、???だったけどちょっとカッコつけて「イイってことよ!」とか言って、友人たちの寝てる座敷に帰った。

座敷ではさっきまで寝てた連中が既に起きてて、「お前どこ行ってたんだ?もう帰るぞ」と。

店を出て馬鹿話なぞしつつさっきあった事を話したら、常連の友人が「奥に個室なんかねえよ、あの店」と。

えぇーそうだっけ?確かに前に来た時には見なかったような気がするぞ?隣の店だったかな?
ヤベぇあの店のサンダルで隣の店に行っちまったのか俺!でも腹いっぱいだからどうでもいいや。
どうせその内また行くだろうしな、そん時確かめたらイイや、あのお姉ちゃんカワイかったな、なんて思いつつ帰った。

しかし二度とその居酒屋に行くことは無かった。
一月か二月位の後、駅前再開発とかで居酒屋の入っていたビルが解体されてしまったからだ。
その後おれは引っ越しして他の街で結婚して、当時の友人達とも疎遠になってしまった。

だが死ぬほど飯を食ったあの体験は良く憶えている。
憶えているんだが、なぜかあのお姉ちゃん以外五人の男女の顔も服装も全く思い出せない。

飯はホカホカで唐揚げは熱々で塩辛は普通だったのは憶えている。
料理は手つかずで彼等は誰も飲み食いしてなかった。
だがしかし、お姉ちゃんはカワイかった。

あれは何だったのか?
本当に当時はあんなゲームがあったのか?

・・・夢ではない、あの満腹感は実体験だ、とオッサンになった今でも間違いなく言える。

いや今から思うと当時全く気にもしなかった自分が不思議だよね。
なんかに化かされたのかね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!