赤黒い液体がタラタラ

そんなに怖くないかもしれないが、初めて心霊(?)的なものに体験したので初投稿。

今年の3月頃、仕事で取り壊しの決まった団地にケーブルの撤去に行ったんだ。
元々3棟あるうち2棟は既に解体が始まっていてた。
現場についたのは4時半位で辺りは結構暗くなっていて、解体業者の人達も作業を終えて帰ってしまい、広い敷地に一人だけになってしまい少し不気味だった。

撤去する部屋は4階建ての建物の最上階だったので、部屋の中の配線を撤去したあと、1階にある端子盤から4階まで延びている線を引き抜こうと端子盤を開けると、黒い紙がパラパラって4枚落ちてきた。

なんだ?と思ってよく見てみると、筆で書いたような字がうっすらと見えたのでお札かなって思ったが、深く考えずにすぐ作業に戻った。

ケーブルは配管の中を一直線に延びていたので、軽く抜けるだろうと思い引いていた。

最初は案の定スルスルと抜けて来たのだが、急にグッと何かに引っ掛かって抜けなくなってしまった。
仕方がないので3階に上がり、配管が通っているボックスを開けてみるとまだ線が見えたので、4階と3階での間で詰まっているのがわかった。

力に任せてグッて引っ張ると、「ブチブチブチ!!!!」って千切れる音と一緒に大量に絡まった髪の毛が付いてきた。

本来ならその配管の中に髪の毛の様なものが入ってしまう場所でもないのに、ケーブルに絡まった髪の毛を外していると、ケーブルを抜いた配管から赤黒い液体がタラタラと流れ出してきた。

今思えばただの赤錆の水だったのかもしれないが、その時はかなり焦って1階に降りてがむしゃらに引っ張った。

引っ張っている途中ブチブチと絡まった髪が更にちぎれて出てきた。
ふと気がつくと、上の階から人がいるような気配がするような気がした。

声や足音じゃなくて息づかいのような感じ。
ハァ゛・・・ハァ゛・・・みたいな。

それがだんだん近づいてくるのが壁に反響した音でわかった。
すぐに指に絡まる髪の毛を無視して慌ててケーブルを引き抜いて、その場から立ち去った。

もうその団地は更地になってしまったそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!