駐車場の奥で寝ていた変な動物

小さい頃の話。

引っ越してきたばかりで、友達もいなかった。
友達がいないばかりか、周りの子供からも余所から来たことで相手にしてもらえなかった。
それに親も仕事があったりと忙しかったので、小さい頃の私は暇を持て余していた。
探索と称して家(アパート)の周りを歩くのが日課になっていた。

ある日、いつも通り家の周りを探索していると、ゴールデンレトリバーのような毛並みと見た目を持った動物が、駐車場の一番奥で寝ていた。

この駐車場の奥は、家からも道路からも離れており滅多に車は停まらないし、人もなかなか通らない。
いつもはただコンクリートとそこから生えた雑草という景色。
それが、動物がいるというだけで変わった景色に見えた。

それから、触らせて貰おうと飼い主を探すことにした。
だが、周りを見渡しても大人は誰一人いない。
いつもこの時間は近くの道路を車が何台も通るのに、この時は一切通らなかった。

諦めて眺めるだけにしようと動物を見たところ、首輪もリードもなく野良なのかと思った。
こんなに綺麗なのに一人なのかと考えつつ動物を見ていた。

軽トラックぐらいの大きさを持ち、角が五つあるゴールデンレトリバーをずっと見ていた。
眺めながら、うちはアパートだしなとか、飼えたとしてもどこに置けば良いか等妄想を膨らませていた。

余りにも眺め過ぎたのか、その時動物が起きてしまった。
しまった!!という思いと、毛を触りたかったという残念さはあったが、諦めることにした。
心の中で、動物に『起こしてごめんね。いつか触らせてね』と告げた。

声に出しても良かったが、以前動物に話し掛けてしまったのを他の子に聞かれ、ドン引きされたのを思い出したから止めた。

そのまま家に帰ろうとしたら、「触るくらいなら良いけど?」と後ろから言われた。
動物の声だと思った。

動物の所に戻り、「本当に良いの?」と確認を取ったら、腹を見せて「忙しいんだから触るなら早くして」と言われた。
動物は話せるんだと感動しながら撫でていると、動物は慌てて「目は触らないでくれよ」と止めた。
動物の脇腹に目があることをその時初めて気が付いた。

黄色の三つの目がこちらを見ていたので、目を触らないように気をつけて毛を堪能させてもらった。

動物は興味無さそうに「目がいっぱいで気持ち悪くないの」と言われ、「潰しそうで怖い」と私は答えた。

動物は愉快そうに「変わった人間だ」と笑った。

動物が言うに、反対側には目があと四つある。
全部で九つ目があると自慢げに言った。

「バランス悪いね」と言うと、動物は爆笑していた。
「これならバランス良いでしょ?」と言いながら、体の一つの目を額に持って行きながら言った。

凄いと感動していると、動物は相変わらず愉快そうに笑っていた。

動物とお別れる時に、一緒に行かないかと聞くと、「残念ながら無理かな」と断られた。

それ以来その動物には会っていないが、それから色んな変な人を見るようになった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!