電車は無人だった

今から4年前、私がまだ中一だった頃。
地元茨城から東京にある中高一貫校に通い始めて、暫く経った頃の話。

丁度人生初の中間テストだったその朝、私はいつも通りA駅で中央総武線に乗り換えた。

進行方向の先頭車両に乗った、という事も覚えている。(O駅までその号車は女性専用車なので、ラッシュでも微妙に空いていたからねw)

「ドア閉めまーす、駆け込み乗車は・・・」

ピコーンピコーンピコーン(ドア開閉のブザー)・・・という感じでいつもはドアが閉まるのだが、その日はちょっと様子が違った。

ドアが閉まった後も、電車が発車してからも、ずっと開閉ブザーが鳴り続けているのだ。

ピコーンピコーンピコーンピコーン

周りの人達もこのドアを、物珍しそうな目で眺めていた。

次の駅に着いても、やっぱりブザー音は消えず、隣のドアのブザーと若干テンポがずれていながらも、絶えずドアの開閉を知らせていた。

まあそんなに大きい音ではないし、無機質で単調なリズムの繰り返しだから、乗車客はだんだんブザーに興味を示さなくなっていった。
私も、何分テストのせいで殆ど徹夜だったので、吊り革に掴まりながら、ウトウトと微睡んでしまった。

はっと気付いたら、電車は無人だった。

え?何で!?、と辺りを見回しても、立っている人はおろか、座っている乗客さえ見当たらない。
ラッシュ真っ盛りの7時近くにこの乗車率は、女専と言えども不自然である。
電車の先頭、運転手の席はブラインドが掛かっていて見えなかった。
そして、電車の走る車輪の音がしなかったのだ。

ピコーンピコーンピコーン。

ただ、間抜けなブザー音のみが鳴り響いていた。
途端に背筋が凍り、脳天に強いショックを受けながら、私は隣の号車へ一目散に走った。

スライドドアを開けて飛び込んで、乗客がいるのを確認して、暫く放心してから、恐る恐る後ろを振り返った。

元通りである。
乗客は普通にいたのだ。
隣のサラリーマンが、肩で息をして青ざめている私を怪訝そうな目で見ていた。

今考えてみればあの時は徹夜明けプラス初めての定期テスト直前、という精神的にかなりキツい状況に追い込まれていた。
幻覚や夢の類だったのかもしれない。(というか夢だと思っている)

私も今は女子高生、もうずっと中央総武線に乗って学校へ通っている。
もう4年前の話、自分もすっかり忘れていた。

でも、今更こんな昔の曖昧な体験談を書いたのには理由がある。
先月、秋葉原駅6時40分位発の電車に乗ったら、ドアの開閉ブザーが壊れてずっと鳴っている所があった。

多分5から6号車。
誰か同じ電車に乗り合わせた人はいないだろうか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!