あの老人と女の子達のお礼

知人の話。

願掛けをして、山の上のお社で百度祓えをした帰り。
緊張感を持続させるべく、大ぶりのナイフを刃剥き出しに持って、夜中の山道を駆け下りていた。

行く先に、人影が見えた。
老人と、女の子が二人。
お社にお参りに行こうとしたが、老人が足を痛めてしまったらしい。
彼はナイフを腰にしまい、老人をおぶった。

真っ暗な夜の山道、木の根やら何やらに足を取られそうになりながら下山したら、ふもとの辺りでふっと背中が軽くなったらしい。
見渡せば、今までついてきた女の子達も居ない。
不思議なこともあるものだ、と首をひねりながら家に帰った。

後日。
街中で車に乗っていた時の事。
信号待ちの女子高生たちが見えた。

「風が吹けばなあ・・・」と思ったその瞬間に突風が吹き、スカートがいっせいにめくれた。

「もしかしたら、あの老人と女の子達のお礼かもしれない」と彼はまじめな顔で語っていた。

とっぴんぱらりのぷう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!