廃小屋での不思議体験

先輩の話。

山で大雨に降られたまらず廃小屋に避難する。
寝袋にくるまり、その日は早々と寝る事にした。

次の日、雨音で目が覚めた。
やれやれ、今日も足止めか。ため息をついて扉を開けた。
雲ひとつない晴天だった。

えぇ?

彼は頭の中が疑問符で一杯になったが、とりあえず、荷をまとめようと小屋に戻った。
扉が閉まると共に、天井からどしゃぶりの雨音がひびいた。

扉を開けると、音は止む。
閉めると雨音がする。
さらには雷が鳴り出した。

まあ、小屋も寂しくて、俺にもう少しいて欲しかったのかもしれんね。
彼は一宿の礼に、小屋の周り持っていた焼酎を少々撒いてきたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!