送り犬

知り合いの話。

彼がまだ幼い頃、お祖父さんと二人で夏祭りに出かけた時のこと。

祭りは山一つ向こうの神社でおこなわれており、帰りは山を突っ切って近道をした。
夜の暗い山道を歩いている間、彼は後ろが気になって仕方がなかった。
何かが二人の後をついてくるような気配がしたのだ。

やがて山道が終わる頃、お祖父さんは足を止めて振り返った。
手提げ袋からタコ焼きを一ケース取り出し、地面の上に並べて置く。

『お陰さまで今日も無事帰り着くことができました。ありがとう。』

そう言ってお祖父さんは一礼し、彼を促すと里道を歩き出した。
お祖父さんが言うには、その山には昔から送り犬が出るのだそうだ。

暗い夜道を歩いている人の後ろからついて来て、事故に遭わないよう、他の獣に襲われないように、守ってくれるのだという。
里の者は送り犬に感謝して、山道の終わりで何か食べ物を差し出す慣わしなのだと。

しかし、彼はその時、タコ焼きに口をつける送り犬の姿を盗み見てしまったらしい。

実のところ犬じゃなかったと思います。
二本足で歩いていましたから。
人でもなかった。
身体には手が見えませんでした。

彼が見た灰色の影は、一体何だったのだろう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!