あれは天狗だった!?

それは俺がまだ10歳ぐらいの時の話です。

小学校の遠足で、登山に行ったのでした。
そこは大阪府では結構大きな山で、K山と言いました。
当時で言えばなかなか手の込んだ遠足で、ロープウェイで頂上まで行くという企画だったのでした。
クラスメイトは10人ぐらいが同じのに乗ってたかなぁ。
見渡す限りの森を上空から見渡すことが出来、幼い僕たちは大騒ぎをしたものです。

そんな中、俺の友人はある物を見つけました。

友人:「ねえ、あれ何よ?」

友人が指差した先には・・・自分にはわかりませんでした。
ただ、遠くに少しぼやけるくらい、大きいということはわかりました。

そこで、クラスでもかなり目のいい子に頼み、「それは何か?」と尋ねてみると・・・彼は言ったんです。

友人:「人だ・・・。木と同じぐらいあるよ・・・」

周りに冷たい空気が流れたものの、ロープウェイは頂上に到達し、俺たちは外に出てみることにしたんです。
あとから到着した友人数人に「大きな人が見えなかった?」と聞いてはみたものの、「見えなかった」と答える人ばかり。
先生も誰一人として目撃しておらず、実質の目撃者は俺を含めた4~5人でした。

今でもたまに会うのですが、必ずこの話題になります。
あの、とても大きかった『人』を・・・。

そういえば友達が、子供の頃に里山位の小さな山と山の間から、それと同じくらい大きな人の顔がこっちを覗いてたって言ってたなぁ。
本人は「あれは天狗だった」って言い張るんだけど、そんなにでっかいのかなあ

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!