遺骨収拾がまだ進まない

医務科壕という、傷病者を治療するための壕に案内された時のことです。

入り口にポトスが自生する、一見のほほんとした場所なのですが、硫黄島戦では、足の踏み場もないほどに傷病者が寝かされ、本土からの援助も絶え、満足な治療も受けられず亡くなっていった方が多かったそうです。

医務科壕は天井が比較的高めでT字型に掘られており、他の塹壕よりも少し開放的な雰囲気がありました。(他の塹壕の殆どは地中に掘られており、地熱でサウナ状態です)

「ここから雨水を取り、ドラム缶に貯めていた」等の説明を受けていた時、足元の方から、苦しいような、熱いような、閉塞的な感覚が伝わってきました。

私:「ここ、地下があった、なんてこと、ないですよね?」

試しに尋ねてみたところ、説明係の海曹がぎょっとした顔で「地下があったらしいと聞いています。」と。

・・・・・・下に降りる階段が見つからないのだそうです。
今も。

他の壕では『平成○年○月、調査ここまで』と書かれた紙が貼られていて、その先が落盤している場所などを目にしました。

遺骨収拾も、まだまだ進まないようです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!