人間魚雷回天の基地

山口県の徳山市。

現在は周南市となっているが、その沖に船で二十分ほど走ったところに、大津島という人間魚雷回天の基地がある。
その基地の脇へ瀬渡し船で渡して貰い、久しぶりに一人でアジの夜釣りをしようと思った。

その日は暗闇の大潮で入れ食い状態だった。
多分、2時ぐらいだったか、真剣に浮きを見つめながら次の当たりを待っていた。
すると何処からとも無く、テレパシーで脳の奥に話し掛けてくる女の人が居た。
「釣れますか?」と・・・。

背後に視線を感じたが、釣る方に夢中で振り返ろうともせず、浮きを見つめていたら・・・「あのう、何匹か頂けたら嬉しいんですが・・・」と遠慮がちに口篭った。

俺の頭の中にはその女の姿がはっきりと見えたが、釣る事で他の神経が麻痺していたのか怖いとは思わなかった。
俺はクーラーの蓋を開けて、右手で自分の左脇の後ろの岩の上に置いた。

数分後、我に返った俺は、さっき確かに話し掛けられたと思い、ぞ~っとして、後ろの岩の上を見ると、確かにさっきアジを置いた岩が濡れていたが、アジは勿論無かった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!