悪運

私の家系は洪水を鎮めるために、進んで人身御供をするくらい信仰深い家だったらしい。
しかも、それをした子がまだ3歳だったとか・・・。
この時点で嘘くさいし、その結末も竜神様のご加護で悪運が強いとかありきたりな話。
話してくれたおじいちゃんも家族も誰も信じてなかった。

すっかり記憶から消えて私が大人になったある日。
私が新婚旅行の代金を支払いに行く日の朝のことだった。

準備をしてリビングのドアに手を掛けた瞬間、まずコンセントの抜かれたテレビがついた。
今度は、同じくコンセントが抜かれてしまったはずのドライヤーの音が聞こえてきた。
その怪奇現象よりも怖かったのは、空間そのものが臭い!!生臭い!!!
息をするたびに生臭い魚の汁を飲んでいるみたいだった。

それからジェットコースターの時みたいにお腹がフワフワして、身体に力が入らない。その状態でドア越しには生き物の気配がする。
寝室の窓から脱出して自分の車に飛び乗るも、車検をしたばかりの車が動かない・・・。

すべてにおいてこの21世紀に、あり得ない事態が何よりも怖かった。

しばらくして、私の前をある夫婦がのった車が通り過ぎると、あっさり車が動いた。
車に置いておいた予備の靴を履いて代理店に向かうも、着く前に私の旅行の担当者から電話が入った。

新人の手違いで旅行の宿泊先と日時がある客とブッキング。
しかもその客は手付金を支払って帰ったそうな。

予定を一カ月も早めることになり、私たちは夫婦共々、仕事先に迷惑かけるわ、クソ寒い中の温泉で風邪を引いてこじらせるわ、旅行先でお土産よりも治療費がかかって離婚寸前まで揉めた。
職場でも針のむしろで、もう職場を辞めて離婚しようかと思ってた。

それから一ヶ月後、昼休みは終わったというのに職場の休憩室が騒がしい・・・。
やがて上司に引っ張られて休憩室に行くと、テレビであの震災の映像が流れた。

自分は↑思い当たる筋があったから落ち着いてたけど、職場のみんなは真っ青。
その日は私だけ早く返された。
ラッキーと思いながら帰宅すると、旦那と厳しい姑が泣きながら飛びついてきた。

あの話で先祖は恩恵を受けるが、あくまでも悪運でしかないから誰かが身代わりになる。
あの夫婦は帰ってこなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!