お前は誰やねん

不気味な実話です。

もう2ヶ月前くらいになるが、自宅にて酒もまわり、気持ちよく眠りに入ろうしていた時、仕事用の携帯電話の着信音で飛び起きた。

時刻は11時45分、画面には見知らぬ市外局番の電話番号が表示されていたが、躊躇なく会話を始めた。

俺:「はい、もしもし~」

電話の相手:「・・・」

俺:「もしもし、どちら様ですか~?」

電話の相手:「・・・」

話し掛けるが、終始無言のまましばし、そして通話が途絶えた。
相手の受話器越しに、蛙か虫の鳴く音色?と微かな鼻息の音が耳に残った。

恐えぇ・・・((((;゜Д゜)))

だが・・・「まぁ~単なる間違い電話だろ」と充電器に携帯電話を差し込み、再度寝ようとした時に着信音・・・同じ電話番号。

俺:「もしもし~」

電話の相手:「・・・」

さっきより鼻息が荒い。

俺:「もしもし~どちら様ですか?」

電話の相手:「・・・○○○です・・・」

女性の声で名乗ったが、心当たりもない。

俺:「あの~間違い電話じゃないですか~」

電話の相手:「・・・」

相変わらずザワワとした外野の音と荒い鼻息が耳につく。
何度かの問い掛けにも終始無言、そのうちに通話は切れた。
電話番号を調べると、山陰地方のとある市からであった。

確かに仕事では行く事もまれにあるが・・・お前は誰やねん、恐いからもう電話してくんな!

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!