冷蔵庫の中には、子供の・・・

ビデオ屋でアルバイトをしています。
店長は週間ランキングなどのコーナーを作る為、ベストランキングの集計を良くチェックします。
バイト長のRさんと僕はワーストランキングの集計をチェックして、このDVDやビデオを破棄するか決めます。

ビデオ屋で働いて間もなくから、ずっと気になっていた事があって、『○○の○』と言うタイトルのビデオ。
有名でも無い一作が、連日ひっきりなしに借りられている。

僕:「Rさん。『○○の○』って言うビデオ、見た事あります?」

バイト長:「いや、無いよ。どうして?」

僕:「この御時世、DVDが主流ですけど、『○○の○』って言うビデオ、人気があるんですよ。常に借りられているんです」

バイト長:「そうやな!不思議やな!?このビデオ1本しかないから、ベストランキングにも入らないから、店長も気づいて無いんだろうな!名作なんちゃうかな?今度ウチに遊びに来た時、一緒に見ようか!?」

Rさんのアパートは僕の通っている大学から近く、サークル連中やツレなど、お酒を飲んだ時によく泊めて貰っていました。

Rさんとは歳は離れていますが、時々飲みに行ったりする仲で、その日は蒸し暑く、体がビールを欲していました。

僕:「Rさん今日飲みに行きましょうよ!しかも明日授業あるし、Rさんの所に泊めて下さいよ」

バイト長:「良いよ!俺も今日、この蒸し暑さにビール飲みたくて、飲みたくて、お前誘うつもりやったからな。『○○の○』のビデオも借りとくわ」

バイトも終わり、立ち飲み屋でビールを煽り、程よく酔っ払って、Rさんのアパートでビデオを見ていました。

ビデオの内容は、主人公は油田工場で働く男と結婚します。
男は事故に遭い・・・そんな内容の映画です。
Rさんは「つまらないビデオやね。消して寝ようか」と、テレビの電源をリモコンで切ろうとした時、明らかに、このビデオ画像と内容が刷り返られている事に気が付いた。

バイト長:「51分(ビデオの再生時間)の所から、画像おかしかったな!?」

Rさんはテレビのリモコンをテーブルに置いた。

僕も「なんか違う作品の画像がダビングさせれますね」と答えた。

Rさんがそのビデオを見ていて、僕にこう言ってきた。

バイト長:「ここに映ってる場所、日本やで!たぶん!?」

・・・!?

僕:「コレ、この場所・・・ココの近所ちゃうかな?」

僕も気づきました。
たしか、隣町の国道沿いの、とある場所。
国道を走っている車の中から、8ミリか何かで撮っている画像でした。
そして車が止まり、徒歩で十数歩の所の、木々が荒れ果てた住宅街から外れた広場。
説明しにくいけど、昔は住宅が建ってた様な今は荒れた土地に、木々をかき分け進んでいる、手で草木をかき分けている様子が見える。
数分と経たない内に、古びた冷蔵庫を発見する。
音声は無い。

冷蔵庫に手が伸びる。
冷蔵庫を開ける。

冷蔵庫の中には、子供の様な小さい体の腐乱して、見るも無残な塊の様な画像が・・・。

僕:「うわ~~吐きそう」

時間にしてホンの5分位の画像がこのビデオに刷り替わっていて、本編の『○○の○』にまた戻っている・・・。

Rさんは「ボカシ入れとけよ。リアル過ぎて、印象キツイわ!目に焼き付くわ!!」。
Rさんは映画の一部だと思っているらしい。

僕は警察に届けようか悩んでいますが、Rさんや店長は映画の一部と信じています。
今も店に『○○の○』は並んでいます。
苦情もありません。
しかも引っ切り無しに借りられています。

あまり信じないので、来週店長とRさんを連れて、冷蔵庫があると思われる現場まで行ってみようと思います。
ちなみに、僕の働いているビデオ屋は加古川にあります。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!