助けを求めていた少女

福生在住の友人の体験談です。

友達4人と峠ドライブしてる途中、肝試しをしようと言う話になり某山へ行きました。

「何にも出ないじゃん」などとはしゃいでいると運転していた男の子が急ブレーキをかけた。

「今、血まみれの女の子が!!」

最初はふざけてるんだと思った、しかし車外を見て全員が凍りついた。
確かに血まみれの女の子が見えたのだった。

「たすけて・・・」と言う声まで全員が聞いた。

恐ろしくなって急いで車を発進させたが、少し走るとまた人影が・・・。
今度は気味の悪い男が車の前に立ちはだかってきた。

その男は運転席の窓を叩いた!
生きている人間だと解り窓を開けると「この辺りで女の子を見かけなかったか?」と聞いてきた。
知らないと答えたがその男は「車に乗ってるんじゃないのか!」としつこく言い、ドアを開けようとして来た。
あまりの気味悪さにその場から逃げ出した。

時間が流れてその時のことを忘れかけていた頃、4人は見た。
TVニュースに映っている男の顔を、そして女の子の顔を・・・。
あの夜の気味悪い男こそが幼女連続誘拐殺人事件の犯人、宮崎Oだった。
そして血にまみれて助けを求めていた少女が最後の被害者だった。

その後4人で警察に行き事情を話したそうです。
友達は「あの時、女の子を助けてれば死ななかったのに・・」とずっと後悔しています。

私はヘタな怪談よりよっぽど怖かった!!
ネタじゃないですよ。
実話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!