子猫がいなくなった理由

会社の後輩のT君が帰宅途中、子猫を拾った。
翌日、会社から戻ると子猫が部屋からいなくなったのだという。

窓もドアも鍵が掛かっていた。子猫が潜り込めるような穴など、部屋にはない。
まさに密室で子猫が忽然と姿を消したのだという。

T君が一緒に探してくれないかと頼ってきたので、会社帰りにT君の自宅へ向かうことになった。
T君の自宅は木造六畳のボロアパートだったのだ。
部屋に入り一通り探したが、子猫が逃げ出せるような穴は発見できなかッた。

僕:「T君、このアパートはペットの飼育は当然禁止だよね?」

僕が尋ねると、禁止ですとT君が答えた。

僕:「子猫の存在に気づいた大家さんが、君が留守の間に合鍵を使って部屋に侵入、子猫を持ち去ったんじゃないのか?」

それはあり得ないとT君が反論した。

T君:「大家さん自身、猫を一匹飼っていて、猫好きです。大家さんは不法侵入するような短気な人ではなく、温厚な老人です」

だったら子猫は何処へ消えたのだろう?

お手上げ状態でふと上を見ると、天井近くの棚に木刀が飾ってあるのが見えた。

普通の木刀ではない。
先端にいくほど太くなっている、宮本武蔵が佐々木小次郎との決闘で使用したとされる櫂木刀だ。
それは蛍光灯の光を反射して、黒光りしていた。

僕:「T君、君は剣道でも習ってるの?」
T君:「いいえ、なんでそんなことを聞くんですか?」

僕:「だってそこの棚に黒い木刀が飾ってあるから」

僕が棚を指差すと「やだな先輩、あれは木刀なんかじゃないですよ」と。

そういうとT君が木刀を棚から下ろし、首の後ろに当てた。
いきなり黒い木刀がΩの形にグニャリと曲がった。
僕がビックリして見ていると、T君が笑いながら言った。

T君:「半年前に買った時は30cmほどだったのに、凄い成長力ですよ・・・・・アナコンダはッ!w」

今まで後輩だとばかり思っていたT君が、人の形をした得体の知れない闇のように思えた。
赤い舌をチョロチョロ出す木刀を尻目に、急用を思い出したと嘘をついて、僕はT君の部屋を後にした。

ほどなくしてT君は会社を辞めてしまった。
彼が今どうしているかは知らない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!