殺人が合法化した世界

先週、四年くらい前に別れた元カノからいきなり連絡が来て、ヨリを戻す事になった。

メールのやりとりをして、近所のレストランで会い、簡単な食事を取り、俺の家で一夜を共にする・・・。
そんな生活を何日か送った。

ある日の昼、ふと彼女のメールを見返してみようと、携帯の受信ボックスを開き、メールを・・・・・・?彼女のメールがない。

携帯から目を離し状況を確認すると、部屋は汚い、無精ヒゲは伸ばしっぱなし、布団は加齢臭プンプン。
こんな状況で彼女と会ってるはずがない。
再び携帯に目を向け、電話帳を確認すると、彼女のアドレスなんてどこにもない。

そこで気付いた。
俺はどうやら就寝中に、『先週、四年くらい前に別れた元カノからいきなり連絡が来て(中略)生活を何日か送った』という設定の夢を見ていて、今日の起床から昼現在に至るまでの数時間、(無意識に)その夢を信じきってしまっていたのだと。

現実世界に影響のない夢だったからよかったが、現実世界に影響があるような・・・。

例えば『殺人が合法化した世界の夢』を見て、それをある瞬間まで信じていたらどうなってたんだろう。
この出来事から一週間くらい経ったが、まだ彼女とデートした感触が抜けてない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!