前方の自転車の顔の位置

決定的な何かがあった訳でもないのでこちらに投下。
慣れてないので読み辛かったら申し訳ない。
自転車に乗ってて体験した話。

自分の向かいから走ってくる自転車がいるとさ、お互い道の譲り合いでフラフラして大変になることってあるよね。
俺は気づいたらなるべく早く端に寄ってやり過ごしてて、あの日も30m位先に自転車が走ってるのを見つけて、道の端に寄せながら走ってた。

そしたら向こうも同じ側にわざわざ寄っていくんだよ。
仕方ないから今度は反対側に避けたんだけど、またすぐ同じ側に寄せてこられてさ、ちょっと焦った。
ボーッとしながら走ってたから、相手をちゃんと見て避けなきゃヤバい、と。
でもそこで気づいたんだけど、相手の自転車との距離が変わってないの。

あれ?と思ってよく見てみると、向こうの自転車と自分、進行方向が同じだったんだよ。
普通はそこで安心するんだろうけど、それに気づいたらもう俺はパニックになった。

だってそいつこっちに顔が向いてんだよ。

黒のだぼっとしたワンピースを着てて、確かにこちら側に顔がある。
夕方の光の加減のせいか顔の表情ははっきり見えないんだけど、確かに顔なんだ。
帽子でもお面でもない。
なのにそいつは自分の前方を同じ方向へと走ってるんだ。

よく見て確かめると、自転車の向きは普通で、体は正直どっち向いてるのか分からなかった。
黒のワンピースの裾が足までかかってんだよ。
もう訳がわからなくなって、でもヤバいってことは感じてたから、とっさに曲がって横道にそれたの。
それからは後ろは振り返らずにかなり回り道して家に帰った。

無事何事もなく帰宅できて良かったけど、後になって思い返してみても怖いんだ。
だってそいつ、俺が避ける度にすぐ同じ方向に動いてたんだから。確実にこっちを認識してたってことだろ?
それに、いつの間に俺の前を走っていたのかもはっきりしないんだ。

あの日以外そいつに遭遇したことは無いんだけど、今でも前方に自転車が見えると一瞬ビクッとなる。

一体奴は何だったんだろう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!