人間を殺そうとも無関心

俺の実体験。

インドのど田舎で仕事してた時の話。
室内で仕事をしてたら外から数発の銃声が聞こえてきた。

それらが止んでから、しばらくして見に行くと血を流す男性。
一目見るだけで死体だと分かる状態だった。

地元の警察の調査の結果、病死と判明した。

地元の人に話聞くと、死んだ男性には10歳くらいの娘さんがいたんだけど、その娘が地元の青年数人に暴行されて重傷を負わされた。

それで父親は暴行犯の青年の親に抗議しに行った。
でも、父親と暴行された娘は、昔の日本でいうエタ・ヒニンポジション(士農工商のさらに下に位置)らしくて「エタヒニンのくせに一般市民様に文句付けるとは生意気だぞ!」って事で殺された。

警察も行政も「昔からの決まり」>「法律」ってスタンスだから、差別層の人間を殺そうと暴行しようと無関心。

一応言っとくと、インド政府はそういうのを法律で禁止してるし、都会では普通に警察が出てくるしな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!