気づかなかったことにする

怪談とかじゃなくてリアルな話。
以前、何かのCMに出てた山の掃除人、アルピニストの何とかって人がテレビで話してたことだが・・・。

エベレストとか本格的な登山になると、道中にはたくさんの危険がある。
滑落、雪崩、クレバスとか色々あるが、滑落では下まで落っこちても、マレに助かっちゃう人がいるそうな。

登山途中、時々だが、そういう人が助けを求めて手を振っているのが、はるか下の方に見えることがあるらしい。
ところが、そこは険しい谷底だったり、ヘリはおろか人も降りていけないような所。

じゃあどうするか?

遭難者がそこにいるのが見えている。
必死に助けを求めている。

でも、どうしようもない。

見なかったことにするんだそうである。
必死に手を振っていても、大声で叫んでいても、気づかなかったことにするんだそうである。
助けられないから・・・。

人が生きていて、その姿も見えるのに、見殺しにするしかない。
必死になって手を振っていようが、叫んでいようが、もうそれは『死人』なのだ。

考えるとものすごくコワかったな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!