自業自得も甚だしい

まだ実家にいた頃不思議な夢を見た。

神社の鳥居みたいなのに向かって真っ暗な坂道を家族4人(父母妹俺)で歩いていってる。

その道の途中で父が急にその場に座り込んで進まなくなってしまった。
俺と妹が腕を掴んで引っ張るが効果なし。
声をかけても聞こえていないようだった。

母と妹とどうしようって相談していたら、父はその場から消えてしまっていくら探しても見当たらない。

仕方なく3人でその鳥居まで歩いていくその途中で目が覚めた。

変な夢だなぁと思っていたが、いつの間にか忘れていた。

しばらくして父が神経の病気を患い、仕事が全くできなくなった。

それでけっこう無理して新築したばかりの家のローンの支払いが滞ってしまい、江戸時代からあったらしい実家はあっさり無くなった。

後で聞いたんだが新築した際、隣の家との境目の壁に、撤去された地蔵の祭壇の土台の石を使ってしまったらしい。(そういえば大工さんも一人亡くなった)

3年経った今でも父は神経の病気が完治せず、働く事ができないでいる。

あの時見た夢はこの事を暗示していたのかと思うとちょっと怖いが、自業自得も甚だしいが仏も怒らせると結構洒落にならんなと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!