無頭エビ

スーパーなどで、調理しやすく、また鮮度を保つために頭を落として売られている”無頭えび”。実は無頭えびの中にはエビではないものがある。

2013年、あるホテル・レストランで提供している料理のメニューで実際とは異なる食材が用いられていることが判明し、その後、飲食店だけでなくデパートやスーパーなどでも、さまざまな偽装が発覚し「食品偽装問題」として社会問題となった。

食品偽装が社会問題となったころ、あるスーパーが偽装がないかの調査を行った。
その時発覚したのが、無頭のブラックタイガー(エビの一種)として仕入れていが無頭えびが「えび」ではないという事実だった。

間違いなくブラックタイガーであることを確認するために、流通経路を遡っていくと「無頭」に加工する工場で無頭えびの正体を知ることになった。

パック詰めされていく無頭えびは、いつも店で見ているもので間違いない。
しかし、頭部を切り落とす作業場には、頭部が不気味でおぞましい「えび」とは違う生き物がカゴ一杯に入れられていた。
頭を切り落とし、体だけになれば「えび」そのものだが、そこにいたのはある国で大量に捕れる水中昆虫だった。

スーパーはこの事実を訴えることはなかった。

仕入れを担当していたバイヤーは、ブラックタイガーでないことを知っていた。
この無頭えびは過去数年仕入れられていて、かなりの数を販売しているため、発表すればスーパーは間違いなく潰れてしまう。
販売は中止されたものの、この事実が発表されることはなかった。

この水中昆虫は、いまも大量に輸入されている。
あなたがえびと思って食べているものは、えびではないかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!