関わらないのが一番

実家から離れた大学へ通うために女性が一人暮らしを始めた。

実家では門限が厳しくて、高校生になっても19時までには帰宅するという決まりであった。
晩御飯は家族揃って食べるものという父の考えからで、破ると厳しく叱られていた。

一人暮らしには不安もあったがいざ初めてみると楽しくて、初めて手に入れた自由を大いに満喫。
付き合い始めの彼氏を家に呼んだり、門限という制約もなくなったので深夜まで飲み歩るいたり、実家では考えられないことである。

門限に厳しかったのともう一つ実家には変わった決まりがあって、父が嫌いなためか家ではペットを飼うことが禁じられていた。
今まで動物を飼った経験が無かったので、小学生の頃は友人の犬や猫を羨ましがっていたのが思い出される。

今まで出来なかったペットの飼育にもチャレンジしようと考え、友人から一匹のハムスターを譲り受けた。

しかし飼育経験が無いためか数日で亡くなってしまった。
エサも水もちゃんとあげているしゲージの置き場所も悪くなかったはずだが?まったくの原因不明である。

ハードルを下げてメダカならばと、ホームセンターでメダカと水槽を買って来て飼育をスタートした。
しかし数日して全滅させてしまったのであった。

実家の母と電話しているときにペットを飼ってみたらすぐに全滅させてしまったという話をしたら「うちは憑き筋だったからペットを飼っちゃいかんよ」と。

父も母も生まれは四国で、商売のために九州まで出て来たという話は聞いていたが、この話は初耳だった。
数代前に祭祀を放棄しているため蛇だか狐だか今ではもう分からないが、母の家では女性にだけ霊的なものが憑くという話があるそうだ。

憑きもの存在に対して母自身は半信半疑だが、不思議なことにペットを飼うと早死にするのは母も同じであったそうだ。
母が子供のときに祖母からは「○○様(その家系での憑きものの呼び名)が嫉妬するからなんだよ。可哀想だから生き物は飼うな。」と言われてきたそうだ。

父は元々犬が大好きで子供の頃は犬を飼っていたそうだが、不可思議な物事に対しては信心深い方なので母の話を聞いてペットは飼わない方針でいるらしい。

ペットが死ぬんだから、人間はどうだろう?
たしか憑きものが主の敵対者や意にそぐわない者に対して害を及ぼすという話を聞いたことがある。
ちょっと怖くなってこの点を母に聞いてみると、祭祀を放棄したことで力が弱くなっているのか?人間に対して害が及んだ経験は無いそうだ。

「関わらないのが一番だから気にしないで忘れなさい」というのが母のアドバイスである。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!