ヨリコちゃん

小学校のとき、用務員さんが急用で1度だけ代理の人が来た。
あまり長くは居なかったけど、まあ普通のおじさん。
ただ、妙だったのはすべての女子に「ヨリコちゃん」と話しかける。

用務員(代理):「ああヨリコちゃん、気をつけてね、じゃあね」
用務員(代理):「違うよー、あたしカナ」
用務員(代理):「ヨリコちゃん、元気ないね」
用務員(代理):「あたしはメグミ」

つーか、気になってまわりの友達や兄弟に聞いたが、どの学年にも、どのクラスにもヨリコなんて女子はいなかった。
まあいいや、といい加減慣れだしたころ、俺は見た。
あの用務員さんが、プールの掃除をしていた。

様子が変だった。
ずっと壁に顔をくっつけている。
なんか聞こえた。

用務員(代理):「ああ、ヨリコちゃんヨリコちゃんヨリコちゃんヨリコチャンヨリコチャンヨリコヨリコヨリコヨリコヨリコヨリコ」

俺はダッシュで逃げた。

それからしばらくして、用務員さんは元に戻った。
その後は知らない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!