輪っかの夢を見てしまうと

とある学生下宿での話。

ある男子学生は変な夢に悩まされていた。

彼の部屋、ベッドが設置してある壁際の天井には、梁が出ている。
夢での話であるが、ベッドに寝転んで、その梁をじっと眺めていると、天井から藁紐でできた輪っかが音もなく下がって来た。

びっくりして眺めていると、その輪は天井の方へ引っこんでしまう・・・。
そんな夢を1週間連続で見続けていた。

その学生さんだが、後日寮の部屋で首を吊った状態で見つかった。
生前友人に話していたのが、その輪っかの夢のことである。

話を聞いた友人は、すぐに首つりの”あの紐”のことを自然と連想してしまった。

しばらくして知ったことでは、亡くなった彼が住んでい居た1階の、ちょうど真上の部屋でも、同じように首つりがあったということだ。

もしかしたら、彼は真上の部屋からぶら下がって来た”あの紐”に連れて行かれたのかも知れない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!