敵兵の脳の一部を

ロボット先進国といえば、間違いなく日本だろう。
医療、工業の分野では文句なしに突出している。
しかし、軍事方面のロボット技術は間違いなくアメリカが世界を一歩リードしている。

無人飛行機などは良い例だ。
指令さえ与えれば、敵国上空に自分で判断し飛んでいく能力を備えている。

そのアメリカでは近年人工知能に関する研究も盛んで、人のニューロンをモデルとした人工知能の開発を進めているらしい。

これはあくまで噂だが、2008年には実際にイラク戦線で人工知能搭載の自走式ロボットに機銃を装備させたものを投入したらしい。
しかし戦果は散々で、なぜかアメリカ兵ばかりを攻撃してしまうということからすぐに廃止されてしまった。

あまりに多い誤射に兵隊の間では、人工知能に捕らえた敵兵の脳の一部を組み込んだためアメリカ兵をみるとすぐに発砲してしまうという、皮肉めいたブラックジョークまで流れていたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!