獣医になるための試練

ある大学の獣医学部では、生き物との接し方を学ぶ為に入学と同時に子犬が与えられる。

大学生活の数年間寝食を共にし、かけがえのないパートナーになった頃に獣医師国家試験が訪れるわけだが、その試験を受ける条件として教授からレポートの提出を求められる。

その内容とは、入学時に与えられた犬の解剖実習レポート。
命を扱う仕事だけに、情を省けるようにするという厳しい世界だ。

ちなみに批判が多かったために、現在は表立っては行われていないようだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!