水戸黄門の都市伝説

日本の時代劇の代名詞といっても過言ではない水戸黄門。
水戸黄門と言えば毎回1話完結が当たり前のように思えるが、昔はたまに前編、後編と分かれて放送することもあった。
しかし、シリーズ後半では全くといっていいほどそれはなくなる。

それにはある理由が隠されていた。

それは、1980年代の放送で、当時はまだ敵だったお銀と飛猿が舟に爆弾を仕掛けご老公暗殺をもくろむという内容があったと時のこと。
舟が爆破されたところで続きは来週となったのだが、放送終了後に1本の電話がテレビ局にかかってきた。
電話の相手は高齢の女性で内容はこういうものだ。

高齢の女性:「私のような年寄りは来週まで生きているかわからない。だから分けて放送しないでほしい。」

それを聞いたプロデューサーはそれ以降、週をまたぐ話を作らなかったそうだ。
半世紀近くも続いた人気番組には黄門さまばりの人情話が隠されていたようである。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

  • オカルト ブログランキングへ

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!